京都収益物件PLANET収益物件とは>収益物件の魅力

収益物件の魅力1

バブル崩壊後に地価は下落しましたが、賃料の相場は比較的安定しています。

建物の値段が昔より安く買えて、家賃収入はさほど変わらないという現状ですので、高利回りが期待できます。





 


収益物件の魅力2

賃貸用の不動産投資では、たとえ地価が下落しても入居者からの家賃が毎月変わらず入ってきますので、金融機関に対する返済を滞りなく進められます。
長期投資を基本とする不動産投資ではこれをメリットと考える事ができます。


収益物件の魅力3

この先の年金システムは不安な要素が多いですが、私的年金の財源として不動産投資は有効です。毎月安定した収入が見込め、ゆとりある老後の生活の資金になります。


収益物件の魅力4

不動産投資では、家賃収入は不動産所得となりますので、給与所得とは別に申告します。
必要経費として、建物の減価償却費、ローン金利、管理費、固定資産税が認められています。

減価償却費は実際の支出を伴いませんが、経費として算入できますので、必要経費が家賃収入より上回った場合に不動産所得は赤字となります。赤字部分は給与所得から損益通算として差し引く事が出来ますので、所得税、住民税の節税をする事が可能です。
ですので高所得者には節税対策にも有効になります。


収益物件の魅力5

投資不動産の購入の際にローンを利用し、団体信用生命保険に加入するとご購入者様が万一の死亡や高度障害になってもローンの残債は保険で支払われることになります。
ですので、ご家族には月々安定した家賃収入を受け取る事が出来ます。
売却したとしても、まとまった金額を得ることが可能です。


収益物件の魅力6

本業が忙しい方でも、購入した物件の管理を不動産管理会社にお願いする事によって家賃管理、空き室が出た場合の募集等すべて任せる事ができ、本業に支障をきたす事無く少ない労力で収入を得る事が出来ます。(その際手数料はかかります。)


収益物件の魅力7

不動産投資は自己資金が小額でも始める事が可能です。
不動産の売買の場合は銀行などから、長期で低金利のお金を貸してもらう事が可能です。
銀行にとっても、株式投資や金等の儲かるか分からない取引やビジネスに投資するよりも査定のしやすい不動産投資への融資は比較的しやすいという事です。


収益物件の魅力8

新築物件のメリット
耐用年数が長いので長期保有することができる為、長い間家賃収入を得る事ができます。
最新の設備が充実していることが多く、賃貸物件を探している方が予算や場所をクリアした場合、中古物件より空き室になる可能性は低くなります。
売却する際、中古マンションに比べて高く売る事が可能です。
新築ですので、建物の改装費用が当分必要ありません。

収益物件の魅力9

中古物件のメリット
新築物件に比べ購入価格が安い分、利回りが高い場合が多くなります。
中古物件は既に稼動していますので、管理状況・空き室率・利用状況等を実際に見て判断する事ができます。
PAGETOP

京都の収益物件のご相談は有限会社イトー住販まで

不動産売買・仲介および建設業
宅建建物取引業者免許 京都府知事(7)9011
建設業許可免許 (般-27)第33130号