京都収益物件PLANET>収益物件とは

収益物件とは

一言で言うと「マンションやアパート等の不動産を所有して運営する事で利益を得る」という事です。

マンションやアパートを購入し第三者と賃貸借契約を結ぶ事により、インカムゲイン(家賃収入による安定した利益)を得る事が目的となります。

不動産の種類には様々なものがあり、1棟マンション、アパート、ビル、テナント、事務所、区分所有マンション、一戸建てなどがあります。それぞれ用途も違いますし需要も変わってきます。

一番身近に感じられる不動産投資では、最近まで自分達が所有し住んでいた一戸建ての家を、転勤等で住めない状態になり第三者に貸す場合です。これも立派な不動産経営と言えるでしょう。

基本的にはいかに多くのインカムゲイン(家賃収入による安定した利益)を得るかという事が課題になりますが、立地条件や建物の状態等の諸条件によりキャピタルゲイン(売却時に購入額を上回った場合の利益)を得る事も可能な場合もございます。


PAGETOP

京都の収益物件のご相談は有限会社イトー住販まで

不動産売買・仲介および建設業
宅建建物取引業者免許 京都府知事(7)9011
建設業許可免許 (般-27)第33130号